2014年3月28日金曜日

[Live Science]チェルノブイリの木樹は朽ちない




チェルノブイリの木樹は朽ちない
マーク・ララニラ編集補佐 Marc Lallanilla, Assistant Editor
2014
324
チェルノブイリ周辺の森林は、いまだに1986年チェルノブイリ核惨事による放射能で重度に汚染されている。Credit: Sergey Kamshylin / Shutterstock.com View full size image

30年近くまえ、ウクライナのチェルノブイリ原子力発電所が爆発して、世界最大級の核惨事となり世界の目を釘付けにした。
1986年のその大惨事から世界は変転してきたが、チェルノブイリでは、たいして変化しないことがひとつ――研究者らの知見によれば、汚染現場で枯れ死んだ木樹、植物、木の葉が、他の場所に比べて腐食しないのだ。
「最初の爆発時に枯れ死んだ木樹が地上に横たわっているのを踏み越えていきました」と、サウス・キャロライナ大学の生物学教授、ティム・ムソーは語った。「何年もたっているのに、その木樹の幹はとても良好な形状のままでした。拙宅の裏庭で、木が倒れると、10年かそこらで粉々になってしまうでしょう」
画像集:チェルノブイリ、凍りついた時間
ムソーとパリシュド大学のアンダース・モラーは、チェルノブイリやフクシマといった放射能汚染地域における生物学の研究を重ねてきた。
彼らの作業の多くは、枯れ死するまえの木樹が不気味な赤茶色に変色し「赤い森」の汚名をこうむったチェルノブイリ周辺の森林地域でなされた。おふたりは、20年以上経過しても木の幹がそれほど変化していないのに気づいた。
「初めて木を見たとき、アリが何匹かいたにしても、木の幹はほとんど無傷のままでした」と、サウス・キャロライナ大学チェルノブイリ・フクシマ研究主導グループの共同主任でもあるムソーはスミソニアン誌に語った。
研究チームは、なにが起こっているか――または、もっと正確には、なにが起こっていないのか――を調べるために、放射能で汚染されていない森林床から落葉試料を何百件も集め、それを(防虫のために)パンティストッキング生地で裏打ちした袋に詰めた。そして彼らは、それをチェルノブイリの周辺に配置し、9か月のあいだ、そのままにしておいた。
驚くべき結果がえられた。高度に汚染された地域に置かれた落葉試料の分解程度は、非汚染地点に置かれた試料に比べて40パーセント低かった。Oecologia誌に掲載の研究報告によれば、腐食度は放射能汚染度に比例していた。
放射線は、バクテリアや菌類といった微生物に悪影響をおよぼすことが知られている。最近の研究によって、放射線療法が腸内の有益バクテリアの生息数を減少させることによって癌患者に深刻な合併症をもたらしかねないことが判明した。
Infographic: How Radiation Affects the Human Body
ムソーら研究チームは、森林床に蓄積した落葉が現実的な危険を招くことを心配している。「今後、破局的な火災が発生するのではと懸念がますます募ります」とムソーはいう。
森林火災となれば、腐食していない28年分の落葉が理想的な火災燃料となり、地域全体に放射能を拡散しかねない。「結果的に、放射性セシウム、その他の汚染物質が煙に乗って居住地域に運ばれることになるでしょう」とムソーはいった。
「わたしたちの調査した落葉堆積は、おそらく微生物による腐食作用の減退の直接的な結果であり、まるで焚き付け材料みたいになっています。乾燥して軽く、全く簡単に燃えます。火を煽る燃料になるだけでなく、おそらくもっとありうることとして、破滅的な規模の森林火災の発火材料になります」
Follow Marc Lallanilla on Twitter and Google+.
Follow us 
 @livescience, Facebook & Google+.
Original article on Live Science.


【関連記事】

チェルノブイリ周辺で森林腐食に異変が…




0 件のコメント:

コメントを投稿