2018年7月20日金曜日

【歴史的写真集】1945年、原爆投下前・後の広島

 RareHistorical Photos
HOME > JAPAN

1945年、原爆投下前・後のヒロシマ

広島市街の中心部に近く、活気に満ちた商店街を西側から観た光景。核爆発とその後の火災のあと、瓦礫と何本かの電柱だけが残された。

広島が爆撃されたとき、産業と軍事の両面で重要な都市だった。近隣に数多くの軍隊が配備され、そのなかで最も重要だったのは、畑俊六陸軍元帥が率いる第2総隊司令部であり、同司令部は南日本全体の防衛の指揮を担い、広島城に設置されていた。畑元帥指揮下の部隊は将兵400,000名を擁しており、その大部分は連合国軍の侵攻が間違いなく予想されていた九州に配備されていた。

広島は日本軍の供給兵站基地としては規模が小ぶりだったが、軍用品の大規模な備蓄を抱えてもいた。広島はまた通信の要でもあり、海運の主要港であり、軍隊の集合地だった。軍需工業の集積地であり、航空機や舟艇の部品、爆弾、小銃、拳銃の部品を製造していた。子どもたちは火炎瓶の作りかたを実演で教えられ、車椅子の人や寝たきりの人は、九州の海岸に埋めこまれる地雷を組み立てていた。新しいスローガンが登場し、広島市内の壁に「滅私奉公!御国のために総力戦貫徹!」と大書された。広島はまた、いまだに空襲で被災していない自治体としては、日本で京都に次いで二番目に大きな都市だった。」

原爆投下の前、上流の広島県産業奨励館(ドーム)に向かって観た元安川の光景。ドームを頂いたビルは爆心のほぼ直下に位置し、この地点の上空600メートルで原爆が炸裂した。今日、このビルの大部分が建ったまま残っており、原爆ドーム、または広島平和記念館の名で知られている。

広島市の中心街は、数棟の鉄筋コンクリートのビル、その他の軽量構造の建物で構成されていた。中心街の外側は、日本家屋に小さな木製作業場が混在し、隙間なく軒を連ねて密集する区域になっていた。市街地郊外の近隣では、少数ながら大規模な工場が操業していた。家屋は木造瓦葺きであり、工場の多くもまた木製構造建設物だった。この都市は全体として火災に極めて脆弱だった。

原爆投下前の広島市の人口は、戦争初期に381,000人を超える頂点に達し、その後、日本政府が命じた組織的な疎開によって着実に減少した。空襲の時点の人口は、ざっと340,000350,000人だった。

南西方向から観た戦前期の広島市寺町。この町は完全に破壊された。

広島が焼夷弾攻撃による破壊を免れているにはなぜか、住民たちはいぶかっていた。この街は米軍占領司令部を置くために残されているのだろうと推測する人たちがいた一方で、ハワイやカリフォルニアにいる親類縁者が米国政府に広島空襲を避けるように陳情したのだろうと考える人たちもいた。もっと現実的な広島市当局者たちは、1944年、長大でまっすぐな防火帯を築くために家屋の打ちこわしを命じはじめた。防火帯は194586日の朝にいたるまで拡大と拡張をつづけた。

米軍は86日、ウラニウム(リトル・ボーイ)爆弾を広島に投下し、ハリー・S・トルーマン米国大統領は、日本は「空から降り注ぐ破滅の雨、この地球上で前代未聞の事態を招く」ことになると警告しつつ、日本の降伏を要求した。

194586日(月曜日)午前815分、ポール・ティベッツ大佐が操縦する米軍B29爆撃機によって、核兵器「リトル・ボーイ」が広島に投下され、日本軍戦闘員20,000名、朝鮮人奴隷労働者2,000名を含め、推定70,000人の人びとを直かに殺害した。同年の末までに、負傷と放射線被曝のため、死者総数は90,000ないし166,000名に達した。原爆投下前の人口は340,000ないし350,000人ほどだった。市街の建物の約70%が破壊され、その他にも7%が大破した。

南方から観た相生橋(爆弾の標的になった中心部のT路橋)近辺。太田川の岸辺に木造家屋が並び、前景に日本の伝統的な川舟が浮かぶ。

広島の元安川の下流方向から観た川沿いの家屋密集地帯の航空景観。非常に重たい石積み建造物を除いて、地域のすべてが破壊された。原子爆弾のグラウンド・ゼロは写真右の上空。

1912年から1945年まで存在した広島駅

戦前に撮影された宇品港の写真。このかなり小ぶりな港湾は広島の港として開発され、第二次世界大戦中は日本陸軍の重要海運兵站拠点のひとつとして使われていた。

194586日、米軍B29爆撃機、エノラ・ゲイから原子爆弾が投下され、広島の上空で炸裂してから1時間後、きのこ雲が空中に膨れあがった。80,000人近くの人びとが即座に殺されたと信じられており、他にも60,000人の被爆者が1950年までに負傷や放射線被曝のために死亡した可能性がある。

広島にて194586日、史上初めて戦争で使用された原子爆弾の被爆者たちが緊急医療処置を待っている

194586日、原子爆弾が広島の上空に投下されてから間もなく、衛生兵らの応急処置を受ける被爆者たち。

原爆投下数か月後の破壊された広島駅の前に群集する民間人ら。

原爆が炸裂したあと、広島駅構内で休む日本兵部隊。

広島市街の残骸のなか、各々の道をゆく路面電車、自転車、通行人。

原爆投下からほどなく、広島に移送された消防車数台のうちの一台。

原爆投下後の広島市街。

荒廃した市街地中心部の近くにて1945106日、病院に転用された銀行の被災建屋の床に敷かれた毛布に横たわる広島原爆投下の犠牲になった日本人の母と子ども。

原爆投下の数か月後、広島の荒廃した光景。

白墨で記された「爆裂方向」マークと爆裂の餌食になった犠牲者の両足の輪郭。炸裂当初の閃光の強烈な熱が近くのあらゆる物体の表面を焼き焦がし、この橋に残されたもののように転写された欄干やこの場所に立っていた人物の「影」を残す。
  
広島市内の郵便貯金局。爆裂の閃光によってファイバーボード(繊維板)壁面に刻印された窓枠の影。1945104日。

広島にて、アスファルト塗料面に陰影効果を示すガス・タンク。

広島市内、廃墟になったビル内の仮設オフィスに座る日本人男性二人

広島の廃墟のただなかに被爆しながらも建つ日本基督教団(メソジスト派)広島流川教会。

原子爆弾の炸裂後に遺された広島の廃墟の膨大なひろがり。

この日本の都市に原爆が投下されたあと、ある日の広島の航空景観。この写真集の5番目、戦前の写真と比べてみるとよい。

19459月の広島、完全に破壊された区域をゆく日本兵。

興味深い事実


  • 火球から熱線が放射され、直線的に進行すると、その途上にあるあらゆる不透明な物体は「核の影」を形成するので、原爆炸裂による放射線が恒久的な影を刻印した。したがって、放射線が形成した恒久的な物体の影、さらには人間の影でさえも今日にいたるまで見ることができる。炸裂の熱は近くにいた人びとの身体を瞬間的に蒸発させたが、その影を残した。

  • エノラ・ゲイ(原爆を運搬した航空機)のコックピットに12錠ほどのシアン化物錠剤が保管されていた。広島を空襲するさい、任務遂行が危うくなる場合、パイロットらはそれを服用するように指示されていた。

  • 広島の平和の火は、すべての核兵器が廃絶されるまで灯りつづけることになっている。広島平和記念公園は、爆発によって生じた更地に造営された。その公園は、地球上初めて核攻撃の恐怖を経験した都市である広島の遺産、そして原爆投下の直接的・間接的な犠牲者の記憶を語り伝えることに捧げられている。その記念碑のひとつが、1964年に点灯された平和の火であり、地球上すべての核兵器が廃絶されるまで灯りつづけることだろう。

【クレジット】

Rare Historical Photos, “Hiroshima before and after the atomic bombing, 1945,” posted at https://rarehistoricalphotos.com/hiroshima-atomic-bombing-1945/.

2018年7月14日土曜日

人民新聞【書評】『原発被ばく労災――拡がる健康被害と労災補償』

People's News Web Magazine.

本 BOOK
『原発被ばく労災――拡がる健康被害と労災補償』

評者 黒田 節子(原発いらない福島の女たち)
1653社会・文化運動
2018711


三一書房/20186月刊


声を上げる被ばく労働者

原発は「トイレのないマンション」といういい方がある。それは使用済みの核廃棄物などのことを言っているわけだが、この「マンション」は、建築資材を調達するところからウラン採掘での原住民や労働者を被ばくさせる。

あるいは、高橋哲也の表現した「犠牲のシステム」。しかし、この被ばく労働の問題は脱原発運動の中でも光が当たりにくい。それはどうしてなのか、ウッスラ考えながら読んでいた。

本書は、第1章に原発労働者の声、第3章に被ばく労災をめぐる闘いの記録、第24章に労災補償、原子力損害賠償をめぐる制度上の問題点と新たな提起、という構成内容。

1章では、あらかぶさん(仮名)、岩田守さん(仮名)、池田実さんが、それぞれ自らの体験を語っている。

あらかぶさんは最初に法廷に立ったとき、こう意見陳述する。「この裁判を起こした理由は、東電らに自らの責任としっかり向き合ってほしいからです。私は、福島の原発事故収束作業に従事した多くの労働者の一人として、他の作業員たちのためにも、今声をあげる責任があると思い、この裁判に踏み切りました」。

被ばく労働は、裁判のこの言葉に集約されているのではないか。働く仲間を思いやる気持ちと、「東北や福島の人のために働きたい」と家族の心配を押し切って現地入りしてくれたあらかぶさんたちには、福島に暮らす者として感謝の思いでいっぱいだ。 あらかぶさん裁判は続く。どうか注目と支援を!

闘いの記録が明らかにする労働者使い捨ての構造

3章では、日本で最初の原発被ばく裁判で、放射線皮膚炎かどうか、被ばくがあったかどうかが争点の「岩佐訴訟」が紹介される。

1981330日、大阪地裁での原審判決は、放射線被ばくと健康障害の因果関係の立証の難しさを示したものだった。

賠償をスムーズにして被災者を保護するための原子力損害の賠償に関する法律(原賠法)による裁判であるにもかかわらず、原告の岩佐さんと被告の日本原電の主張はことごとく対立。控訴審でも敗訴判決を受ける。

しかし、70万人にのぼる被ばく労働者(医療従事者なども含む)の健康影響の問題を提起した意義は大きい。

さらに、1993年に実名で労災申請した最初の人=嶋橋伸之さんの労災認定までの経緯と闘病の記録は胸を打つ。日本の原発で白血病患者が出たという正式な発表がなかった頃のこと、長い闘病生活の後、息子さんを亡くした両親が、国や企業・労働基準監督署の対応に大変悔しい思いをされる。

それは、「もし労災が認められたら遺族補償給付に相当する分を返還しろ」という不誠実な対応に、腹わたが煮えくり返る思いをしながら闘いとった労災だった。文は、伸之さんの母・嶋橋美智子さんによるものだ。

他に長尾光明さん(多発性骨髄腫)、喜友名正さん(悪性リンパ腫)、梅田隆亮さん(急性心筋梗塞)の記録と続く。重たい真実が語られる。圧巻だ。

私たちは人々の闘いの歴史から何を学び、何を得ることができるのだろうか。第24章は、日本の労災補償と裁判制度の説明。専門的だが、実際の現場に役立つだろう。

労働者を被ばくさせていながら、労働者使い捨ての多重構造で被害が見えにくくなっている。

東電らにとって、被ばく労働問題は最大の弱点だ。だから、これを闇に葬り、絶望的なシステムの維持に懸命なのだろう。脱原発の私たちは、原発で働く人たちとつながり、現場で何が起きているかを知らなければならない、と改めて思った。

長年、被ばく労働者を取材している樋口健二氏の発言で締めくくりたい。

「鉱毒など昔からさまざまな公害や労働災害がありますが、原発ほどの暗黒労働はない。放射線渦巻く中に底辺労働者を突っ込んで収奪し、殺していく産業です。なにがなんでもなくさないといけない。命をかけても、なくしたいと思っています」(『原発崩壊』より)

[注]本稿は執筆者の了解を得て、人民新聞サイトの書評記事を転載。




2018年6月16日土曜日

シアトル・タイムズ【研究論文】#ハンフォード 作業員6名の住宅で微量の放射性汚染物質




【研究論文】ハンフォード作業員6名の住宅で微量の放射性汚染物質が見つかる

2018614

リッチモンド近郊のハンフォード核保留区で、プルトニウム・ウラニウム抽出施設(右)が、放射性廃棄物を収納し、土砂で被覆された鉄道トンネルに隣り合っている。 (Nicholas K. Geranios/AP)

レベルは低いが、作業員またはその家族が微粒子のいくらかを吸引または摂取すれば、放射性の塵芥が「内部放射線被曝の潜在的な原因物質」になると、論文の著者は書く。

ハル・バーントン Hal Bernton 
Twitter ID: @hbernton
シアトル・タイムズ専属記者


今月、環境工学科学ジャーナルで公開された研究によれば、ハンフォード核施設の作業員6名の自宅で採取された塵芥に微量の放射能汚染物質が含まれていた。

レベルは低いが、作業員またはその家族が微粒子のいくらかを吸引または摂取すれば、放射性の塵芥が「内部放射線被曝の潜在的な原因物質」になると、土木工学専門家、マルコ・カルトフェンは書いており、彼の査読済み該当論文によれば、ニューメキシコ州のロス・アラモス国立研究所、コロラド州の元ロッキー・フラッツ施設に近い核関連作業員の住宅で採取された塵芥試料からも放射性粒子が見つかっている。

その粒子は、核関連作業員らの住宅および近隣住民の住宅で数年にわたり収集された試料から見つかった。ウラニウム、トリウム、プルトニウム、アメリシウムを含む粒子を吸引すれば、癌のリスクが増大しかねない。

カルトフェンは、ハンフォードの住宅の数軒では、塵芥が示す公衆衛生リスク・レベルが国際放射線防護委員会の定める許容レベル基準を上回っていたとシアトル・タイムズに語った。

マサチューセッツ州のウースター工科大学に在籍するカルトフェンは、「これら放射性粒子は細かくて、数インチも離れようものなら、見分けるのが難しくなります。ですが、体内に入ると、わたしたちの人体組織からの距離は実質的にゼロです」と述べた。

カルトフェンは、彼の調査の結果、他の住宅の何軒かでも低レベルの放射能で汚染されていることが類推されるといい、さらなる検査を推奨した。

タイムズは今週の12日、ワシントン州政府保健省・放射能空中放出部門のジョン・マーテル主査に論文を提示し、コメントを求めた。

マーテルは一読したあと、当該研究で見つかったレベルは低いようであり、「当局にとって、公衆衛生リスクというほど、大袈裟なものではありません」といった。それでも彼は、研究で報告されている数値は、彼の見慣れているフォーマットの数値とは別物であり、いまも彼のスタッフが検証しているとして、次のように付言した――

「肝心なのは、万事OKと確信できるようにしたいということです。わたしたちは公衆衛生を真剣に考えています」

カルトフェンは、極めて低レベルの放射性粒子を検出できる電子顕微鏡法と特殊なX線分析の両方が介在する独自の技術を用いた。

塵芥が集中的に試験された6軒の住宅は、トリシティとハンフォードに近い地域に所在し、試料を提供した住宅36軒の大グループの一部だった。小グループは、初回検査の結果、放射性粒子の存在が疑われるものとして選別された。

「特殊な人たち」

カルトフェンは、リッチランド近郊、562平方マイル〔1,456 km2〕の連邦所有地における、数十年にわたる原子爆弾用のプルトニウム生産の連邦による除染にまつわる説明責任を求めて活動するシアトルの団体、ハンフォード・チャレンジとの長年の共同作業によって、試料の多くを入手した。

ハンフォード・チャレンジのトム・カーペンターは、「家に入れてくれるなら、誰彼かまわず、試料を採取しました」といい、雑巾と掃除機の助けを借りて、塵を集めたともいった。

放射性粒子のある種の特質的なパターンを割り出すために、ハンフォード施設内でも塵芥試料を採取し、住宅内の発見物と比較できるようにした。

カーペンターによれば、粒子は、作業員の車、または衣服を介在して、あるいは暴風によって、さらにはハンフォードで燃えあがった野火で舞い上がって、施設の外部に拡散したのかもしれない。

リッチランドのエネルギー省広報官がカルトフェンの研究に対するコメントを求める要請をワシントンDCの本省に伝達した。本省は返信メールで、「第三者が実施した研究」に対して、コメントしないと書いて寄こした

エネルギー省はハンフォードで、空気、水、土壌、魚類および野生生物における放射性核種の蓄積を測定する環境モニタリングを担っている。エネルギー省の文書によれば、この業務は「ハンフォードの汚染物質の線量とリスクが十分に把握されていることを一般市民に理解していただくため」のものである。

カルトフェンは研究の過程で、ハンフォード作業員らの住宅3軒の塵芥から最高レベルのトリウム放射能を3件見つけた。これら塵芥試料のうちの2点は、1940年代にハンフォード作業員のためにリッチランドで建築された古い住宅から収集されていた。

3軒目は、トリシティ地域の外部の新しい郊外住宅であり、放射性・化学廃棄物を保管するタンク群で働くハンフォード従業員の持ち家だった。

カルトフェンは、上記3軒の住宅の所有者らに判明した事実を告げたといった。彼は、こういう――

「わたしたちは、非常に特殊な人たち――ハンフォードで働いていた人びと――を相手にしています。その人たちは仕事に何らかのリスクがあると理解していると思いますが、例の物が帰宅する彼らに付いてくると理解するのは面白くないでしょう」

保留にされた解体爆破

カルトフェンの研究で扱われた試料はすべて、プルトニウム最終工程棟解体爆破のさい、放射能汚染が拡散しかねないので、施設外への汚染拡散を懸念する声が高まり、作業が保留に追いこまれた年、2017年より前に採取された。

エネルギー省は昨年、数百人の作業員らを対象にバイオアッセイ――物質の効果の蓄積度を測定する生物学的検定――を実施し、42名の作業員らが非常に少量の放射性汚染物質を摂取・吸引していたと報告した。エネルギー省の担当官が今年に公表された声明で、その量は、健康に悪影響をおよぼすと考えられるレベルより低く設定された規制限度の1パーセント以下であると述べた。

201712月のこと、何らかの汚染が作業員の車で検出された。連邦政府エネルギー省によれば、6軒以上の住宅で検査が実施されたが、汚染の兆候は検出されなかった。

州政府の保健省もまた、モニタリングに参画していた。

米国エネルギー省担当官に宛てて送付された、州政府保健省の書記官補、クラーク・ハルヴォーソンの130日付け書簡によれば、空気試料捕集による「上昇結果」は検出されなかった。

州政府の当局者らにとって、際だった懸念対象はアルファ放射性物質汚染であり、これは先立つ年月にカルトフェンの研究のために収集された塵芥でも検出されていた。

ハルヴォーソンは、この汚染は検出が困難であり、粒子が人間の体内に入りこめば、「生涯の内部汚染」になる可能性があると記していた。


【クレジット】


【ハンフォード関連記事】

2017810日木曜日



ハンフォード国立歴史公園の360度景観

20161122日火曜日
「坊や、これ全部、やがて君のものだ!」
Cartoon: Katauskes via Greens MPs on Flickr (CC BY-NC-ND).

201656日金曜日


201651日日曜日
高線量地域と到達範囲を示す環境保護庁作成のヨウ素131分布地図